人はこうして沼に溺れる。

足掛け10年玉森担やってたジャニヲタが、100周年イヤーに突然宝塚の沼に落っこちてしまってつくったブログ。

マイティー主演に明日海りお×日本物という二大爆弾が投下されました。

 

明日、全然勉強していない科目のテストなのに、それどころじゃありません。

劇団は罪です。が、許します。

 

マイティーきたああああああああ!!!!!

 

花組ファンなら誰もが待ち望んでいたであろう水美舞斗さん新人公演主演が回ってきました!

研1のわたしでも嬉しいですから、昔からの花組ファン、ひいてはマイティーファンの方々なんて嬉しいなんてことばでは足りないほど嬉しいことでしょう。

 

本当におめでとうございます!

宝塚の男役のステータスにおいて、「新人公演に主演しているか否か」がどれだけ重要なことかというのは、こんなわたしでもわかるくらい大きなことです。

ビジュアルが眩しすぎる同期・柚香光さんに押されてる感が否めませんでしたが、これで、大きく一歩前進です。

 

ヒロインは、大方の予想通り城妃美伶さんに。

そして、2番手であろう芹香さんの役には優波慧さんが選ばれました。

 

美伶ちゃんはこうして花組で着々と経験を積んで、空いたところにお嫁にいくんだろうなあ。

本役でも結構重要っぽい(フランス総督府にメイドとして"潜入"する)役ですので、頑張ってほしいですね。

 

優波さんは花組96期男役のホープですね。

かれーまいてぃーという強大なスター候補が一期上にいますから、この一年での新公主演は厳しいんじゃないかとわたしは思っているのですが、95期が新公卒業したら、まず主演に選ばれるのは彼女なのではないでしょうか。

 

今回の新人公演に94期が出るのかという話ですが、それこそ人生の半分以上をヅカファンとして生きてきたヅカの大先輩の後輩に聞きましたところ、「研1の初舞台が切れ目です!」とのことなので、今年の初舞台生お披露目は月組公演「1789」なので、出演するのではと思っております。

 

花組の強大なスター候補、またの名をルドルフコンビ、芹香斗亜(93期)柚香光(95期)に挟まれ、完全に割を食った形の花組94期

それでも実力派揃いという印象があるので、これからも花組には欠かせない戦力となっていくことでしょう。

 

しかし、「おとめ」を見ていると、大体の人が初舞台3月なのに、今年の初舞台は遅いですね。カリスタで初舞台踏んでもおかしくないと思うのですが。

 

 

そして、新人公演の主な配役とともに、「カリスタの海に抱かれて」の特設ページと、その次の花組大劇場公演の演目が発表されました。

 

カリスタの人物相関図、何やら色々面白いですね。

 

花乃ちゃんがキキちゃんの許嫁だとか、ちなつさんゆきちゃんみりおさんの三角関係だとか、ぴーちゃんと美伶ちゃんが恋人同士だったりとか、ひとり浮いてるナポレオン(柚香光)とか。

 

らいさんと芽吹さんが夫婦とか、結ばれてよかったね…(「Ernest in Love」より)なんて思ってしまいました(笑)

 

そして、次の大劇場公演、「新源氏物語

 

……日本物キターーーーーー!!!!!

 

夢の浮橋」の新人公演の映像を見て、雷に撃たれたような衝撃を受けたことを思い出しました。

「なにこの美しさ……!!!(絶句)」って感じでした。

 

あの匂宮を観て以来、「トップになったら一度くらい日本物やらないかなあ」なんて思っていたら、こんなに早く巡ってきちゃいました!

 

みりおさんの日本物は目を見張るほどの美しさだと思いますので、全力で期待しております。

ブーツがはけないのでちょっと身長が心配ですけど。

 

いやー盛りだくさんな情報をいきなり投下されちゃって、お昼寝から一気に目が覚めました!!

テストがんばります!!!

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村