人はこうして沼に溺れる。

足掛け10年玉森担やってたジャニヲタが、100周年イヤーに突然宝塚の沼に落っこちてしまってつくったブログ。

花組「MESSIAH」感想2

 

今回の四郎のビジュアル、とてもイケメン。

同じ日本物で長髪なのに、タケヒコよりも

ずっとかっこよく見える。物語のおかげ?

浜に打ち上げられたばかりで、髪がボサボサの

四郎もまたかっこいいんですよねえ。笑

 

ただね、今回の明日海さん、滑舌やばい(笑)

カリスタの時並みだったかもしれない。

「明日海さんの体調は滑舌に現れる」

と前々から思っているので、もしかして

明日海さん体調悪いの…?と心配しましたが、

結構四郎はまくしたてるように話す台詞が

多いので、ただ単に苦手なだけかもしれない。

なんかしょっちゅう噛んでた。頑張ってほしい。

 

明日海さんのビジュアルが良い、といえば、

益田家が美人揃い(笑)。

美伶ちゃんとひっとんとか、美人姉妹だわー。

そこに明日海さんが加わるとか、最強ですね。

 

四郎が天草の人々と心を通わせていく様子とか

一揆を起こすまでの流れなどはよく描けているけど、

恋愛的な描写は今回微妙だったように思う。

まあ宝塚あるあるなんですけど、四郎が流雨に

初めて会った直後に、銀橋で惚れたソングを

歌い出すところとか(笑)突然すぎる!

 

リノと流雨に関しても、実際に流雨をモデルに

絵を描いている最中のシーンがないから、

二人がどういう関係なのかわかりづらい。

両思いなのか片思いなのかもわかりづらい。

というか、流雨の心理描写が少ないんだよな。

あれよあれよと四郎と両思いになってる(笑)

 

でもリノと四郎が、複雑な思いを抱えながらも

次第に心を通わせていく様子はとても良かった。

最後リノを逃がすシーンとかね。泣ける。

四郎はこの後の結末を全て覚悟していたんだなあ。

そして鈴木まじナイスプレー(笑)

 

今回丁寧なものとお粗末なものがはっきりしている。

てかね、残念ながら、殺陣がぬるい!!

ダンスで魅せるのもいいんだけど、本当の殺陣も

なんかぬるい。振付のせい?だよねたぶん。

まあぬるくても感動しちゃうんだけどさ。

見る度に「ぬるい!!」って一度集中力きれちゃう。

 

でもラストのはらいその場面は好き。

すべてが救われた感じがして。宝塚らしいし。

みんなはらいそに行けて良かったね…!ってなる。

 

 

キャストで他に良いなあと思ったのは、

ほってぃの長一郎。

観客目線を保ってくれていい味出してる。

劇中での役割が一貫しているから、言う台詞も

終始そんなに変わらないんだけど、観たあとに

結構印象に残った。

あすかちゃんに押されてるけど、一回くらい

新公主演できたらいいなあ。

 

あとは、ちなつさん(笑)

あの「年貢!米!力!希望!」がすごく耳に残るw

ほんとにどうしようもない悪役ですね。

最後に論破されるので見ている方は気持ちいい(笑)。

 

それからマイティね、あの、マイティは

ちっとも悪くないんだけど、リノと話す時に

「ただし一つ条件がある」って言って

「改宗すること」「四郎の首を取ること」

って二つ提示してるの、いっつも心の中で

「いや一つじゃないじゃんwww」って

つっこんでしまいます。笑っちゃうw

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村