人はこうして沼に溺れる。

足掛け10年玉森担やってたジャニヲタが、100周年イヤーに突然宝塚の沼に落っこちてしまってつくったブログ。

雪組「誠の群像/SUPER VOYAGER!」感想3

 

野口先生のつくるショーって、

途中で観客の集中力をぶった切るような

場面があんまりないところが好きです。

 

でもまあ、2作目にしてどちらも

ロケットが前半とか、似たような歌詞とか、

ネタ切れなのか元々ネタがないのか

よくわかりませんけどそういうところは

ぜひ改善していただきたいですね。

次、花組公演なので…(笑)

 

航海をテーマにしたショーってことで、

プロローグの衣装がとてもかわいい。

ありそうでなかったなあ。

「THE ENTERTAINER!」も

プロローグの衣装がかわいくて大好きです。

本公演では吊りものに乗っている時の、

だいもんの最初の衣装が好きです。

かっこいい。あれは反則だ(笑)

 

わたし、プロローグのあとに

トップコンビが残って歌うのが好きです。

「TAKARAZUKA∞夢眩」とか。

「SUPER VOYAGER!」も、とても好き。

曲調も二人の表情も希望に満ちているし、

二人で歩いていく振りもかわいい。

最初から、だいきほのデュエットって

こんなに素敵なんですよ~って

聴かせてくれるのはとても良い。

 

全国ツアーのロケットのセンターは

潤花ちゃん。とってもかわいい。

美人というよりかわいい系ですね。

笑顔がキラキラしていて、

自家発電タイプの娘役さんですね。

凱旋門の新人公演でのヒロインも

発表されましたし、これからはこの娘を

推していくんでしょうね、劇団は。

 

そのあとの咲ちゃんメインの場面、

やっぱり馴染み深い曲が流れると

テンションが上がりますね。

全国ツアーを一緒に見に行った友人は

非ヅカヲタなんですけど、やっぱり

知っている曲が流れてきて

嬉しかったみたいです。

 

でも、わたしこのショーで一番好きなのは

アンダルシアなんですよ(笑)

ジャニヲタの血が騒ぐというか(笑)

 

「A-EN」でSexy Zoneの「Silver Moon」を

使うあたり、野口先生は確実に

ジャニヲタだと思っているんですが(笑)、

だいもんに「アンダルシアに憧れて」を

歌わせちゃう野口先生、好きです。

 

そしてめっちゃキザに色っぽく歌い上げ、

そしてスーツ振り回しちゃうあの感じ、

だいもんには花組の血が流れているなあと

しみじみ思いました(笑)。

 

「立ち入り禁止の波止場の

 第三倉庫に8時半」

で腕時計を見る仕草をするんですけど、

ちゃんと腕時計してるんですよ!

いや当たり前のように用意された

小道具かもしれませんけど、

ショーで男役さんが腕時計してるの

意外と見たことなかったので、

ちょっと感動しました。

 

からの、デュエットダンス…とも言えない

殆ど歌ってるだけ(笑)のデュエットが終わり、

パレードですけど、全国ツアーでは

シャンシャンがプロローグと同じポンポンに

かわって、最後も客席降りになりました。

 

意外と持っているお客さんも多くて、

後ろの席から見ると結構キレイでした。

 

客席参加はわたし好きじゃないですけどね(笑)

というか「客席参加型です!」って発表されて

「わーい!」って喜んでいるファンの方を

見たことがないのですが…

劇団はいつも「参加していただける場面」とか

言っちゃってるあたり、自覚ないんですかね。

 

「BEAUTIFUL GARDEN」はそういうのが

ないことを祈ってます(笑)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村