読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はこうして沼に溺れる。

人生の半分をジャニヲタとして生き、野球観戦も嗜む(楽天ファン)女子大生が、宝塚の沼に堕ちた話。

みりかのを見納めた今、みりかのに思うこと

 

今日、みりかのを見納めてきました。

ライブビューイングもあるんですけどね、

生は今日が最後でした。

 

全部で3回見て、もう毎回幸せで…

 

「金色の砂漠」という作品はとても奥深い上に、

たとえば明日海さんなら「ギィ」としてだけでなく

「明日海りお」としても見ているので

心が忙しく、まだ消化しきれていないのですが。

 

とにかく、見ていて幸せだったんです。

ようやく、「あてがきってこういうことか」と

実感できたので。

カリスタは色々不満も多くて…(笑)

 

どのシーンもかっこよく、何を言わせても素敵で、

花組みんなが適材適所で。

 

わたしがヅカヲタになったと同時に、

みりかのはコンビとしてのスタートを切りました。

もはやわたしのヅカヲタの歴史はみりかのと共に

歩んできたようなものなのですが(笑)、

正直、もやもやすることの方が多くて、

ネガティブな思いばかりがあふれがちだったんですが、

最後、こうしてみりかののための作品に出会えて、

コンビとして分かり合えたんだなあと

実感することができて、幸せな気持ちになれました。

 

GRAPHや歌劇の対談や、少しだけ聞いたお茶会の話、

色々合わせて考えると、わたしや他のファンの方々が

想像していたあれこれは、

多分あながち嘘じゃなかったんだと思います。

 

心がすれ違っていたこと、

明日海さんが花乃ちゃんに厳しく接していたこと。

 

それがオフだけでなく舞台に悪い意味で出ていたことは、

正直褒められたものではないと思います。

 

今まではっきり書いたことがありませんでしたが、

わたしが今までで唯一SS席で観劇した

「Melodia」のパレードの時、明日海さんが花乃ちゃんに

向けた表情や態度があまりにも冷たく、

ものすごくショックを受けたことがありました。

正直、今でも忘れられません。

 

あれが無意識でなく(無意識でも問題だけど)

感情をむき出しにしてやっていたことならば、

明日海さんが大人気ない人になってしまうので、

できれば信じたくありませんでした。

 

だけど、それも、今思えばその時のみりかのは

わたしが感じた通りなのだと思います。

 

そんな時期があったことは残念ですが、

宝塚の千秋楽で、一番感情があふれそうになっている

明日海さんを見て、

歌劇の明日海さんから花乃ちゃんへの言葉を読んで、

GRAPHの対談を読んで、

「金色の砂漠」を観て、

 

ホッとしたというか。

「よかったね」って言える。

 

どうか千秋楽まで、ますますお互いの距離を縮め、

素晴らしい舞台をつくっていけますように。

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村