読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はこうして沼に溺れる。

人生の半分をジャニヲタとして生き、野球観戦も嗜む(楽天ファン)女子大生が、宝塚の沼に堕ちた話。

まさちゃぴって。

 

月組のトップスター、龍真咲さんが

宝塚大劇場をご卒業されました。

 

話題になったのは、退団作、そして

サヨナラショーともに、まさちゃぴの

絡みがほとんどなかったことです。

 

先日、「ベルサイユのばら」の

NOW ON STAGEを見ていたのですが、

この公演は「まさちゃぴ」というより

「まさみり」がカップルだったのですが、

それでも「まさちゃぴ」のコンビ感が

出ていました。

 

どのくらいから、まさちゃぴが

組まないことが話題に出始めたのか

わかりませんが、最終的には

色々と物議をかもす結果になりました。

 

わたしは、ちゃぴが残ることについては

「たまきちを支えるために残った」

というのも大きいと思いますし、また

「はじめから真咲さんを見送ると決めていた」

という風にも見えます。

 

ちゃぴは最初こそ「真咲さん、真咲さん」と

慕っているイメージが強かったと思いますが、

だんだんとまさちゃぴは、良い意味で

「お互いが自立しているトップコンビ」

になったと思います。

それって、自然とそうなったというより

真咲さんが望んだことなんじゃないかなって。

 

勝手な推測ですけど、

真咲さんって、相手役と一緒じゃなくて

一人でやめたかったんじゃないかなーって

思うんです。

あくまで個人的な予測ですよ。

 

真咲さんは就任直後からちゃぴと

退団の時について話していたようですし

ちゃぴも、もしかしたら

「いつかはわからないけど、

 自分は真咲さんを見送るんだ」

っていう覚悟をしていたんじゃないかと。

そういう風に見えるのです、わたしには。

 

そのために、着々と「コンビ感」を

薄れさせていく作戦が組まれたのだと

思っていますが、それが過剰すぎたなと。

 

デュエットダンスくらい入れてよ、

って、そりゃ思いますよ。

誰が仕組んだんだ?

演出の先生?劇団?真咲さん?

って勘ぐられるのも当然ですよ。

 

ちゃぴは、真咲さんにぴったりの

相手役さんだったと思います。

劇団が早急にトップに就任できるような

条件をそろえたのも頷けます。

だからこそ、最後がこんなに物議をかもして

しまったのが残念でなりません。

 

このもやもやを清算するには、

たまちゃぴがまさちゃぴを凌駕するくらいの

コンビになることくらいしか

ないんじゃないでしょうか。

「最後なんか家庭内別居みたいだったけど

 あれでよかったのよ~」

なんて言えるくらいの。

 

なんだか書いてるうちにだんだん

腹が立ってきました(笑)

 

だって良いコンビだったんだもん、

まさちゃぴ。

 

ベストマッチなコンビの終末が

これだから、なおさら腹が立つんです。

 

これ以上書いても文句しか

書けないような気がするので、

ここで筆をおいて、

おとなしく月組の皆様の上京を

お待ちしております。

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村