読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はこうして沼に溺れる。

足掛け10年玉森担やってたジャニヲタが、100周年イヤーに突然宝塚の沼に落っこちてしまってつくったブログ。

カリスタ/幻想曲を観て感じたこと

 


花組東京宝塚劇場公演も、残すところあとわずか。
今更ですが、この公演の総評みたいなものを残しておこうと思います。

今までの関連記事はこちら。

花組「カリスタの海に抱かれて」感想

花組「カリスタの海に抱かれて」感想2 

花組「宝塚幻想曲」感想1

花組「宝塚幻想曲」感想2 

花組大劇場公演千秋楽を迎えて――話題のリフトについて

 

カリスタの海に抱かれて

組長さんや明日海さんのご挨拶でも逐一説明されるように、この作品は大石静先生がオリジナルで書き下ろしたというのがウリです。
しかし、こう言っては失礼ですが、「大したことないな」っていうのが正直な感想です。
大石先生自身、宝塚ファンだそうですが、だからこそファン目線に立って、素敵な恋模様を綺麗な筋道を立てて描いて頂きたかったです。個人的には、大石先生の好みをぶちまけただけなんじゃないかと思いました。


わかりやすい三角関係のお話という点では、予習なしでも楽しめて、初心者にも優しい内容だと思います。
しかし、
・話の流れがところどころ不自然(というか唐突)
・観た人が主人公やヒロインに共感できない結末
というのが、この作品を良作とは言い難いものにしているとわたしは思います。

 

出演者に関しては文句はほぼないので、脚本だけですね。
ただ、物語を観る以上脚本は何より大事で、その脚本があまり好みではないので、「早く次の作品観たいなあ」が、今の正直な気持ちです(爆)

 

宝塚幻想曲

稲葉先生の演出ということもあって、構成や曲などはとてもわたしの好みです。

しかし、「台湾に持っていく」が故のメリットとデメリットが顕著に現れたショーだったように思います。

 

メリットとしては、
・今の花組の体制がわかりやすい
・「和」を意識しているので、日本人にも親近感がわき、外国人にも喜ばれる(であろう)
・「宝塚観た!」感が味わえる煌びやかさがある


デメリットとしては

花組カーストの頂点付近しか見えない(=他の生徒の魅力が伝わりにくい)
・明日海さんにかかる負担が目に見えてわかる

 

ということがあげられると思います。
特にデメリットの前者は、花組を中心に見ている方にとっては大きかったのではないでしょうか。そりゃ海外の方に見せる作品ですから、看板となるスターを全面に押し出していきたい劇団側の思惑はわかります。あんまり「誰?」って思うようなシーンが続くと見ている側は萎えますから。

でもなーでもなー!って、ファンとしては思ってしまいます。
もっと使うべきスターいっぱいいるでしょー!!って。階段降りにしてもね。


階段降りに関しては「稲葉先生は一人降りが好きだから」っていう感想をファンの方が書いていらして、よく考えたら「Mr.Swing!」もそうだったなと思って納得してしまったんですが。
メリットもデメリットも十分実感したので、次の公演に期待したいと思います(結局コレ)。

 

明日海りお

花乃ちゃんを相手役に迎えての、初めての大劇場公演。
トップスターになって初めての2本立て公演。


エリザベートの時とはまた違う大変さもたくさんあったことと思います。


あまりにハードな今回の公演、「明日海さんの体調を気遣ってあげて!」というような声は、逆に明日海さんを傷つけてしまうのかもしれませんが、それでも明日海さんが目に見えて弱っている姿は誰も見たくありません。
柚希さん退団後の宝塚歌劇団の顔となる方なんですから、その時その時の明日海さんに合った公演をして、なるべく長く在団してほしいものです。
ただ何度も言うように、今回は台湾公演があるからというのも大きいと思います。
次回以降もこんなハードなものが続いたらファンとしては激おこですけど(`_´)

 

そしてこれは今回に始まったことではありませんが、特に滑舌については本当に気になりました。
歌もダンスも芝居もできる明日海さんの、最大の弱点なんじゃないかと思います。
少しでも改善してくれたらなあと思ったのでした。

 

花乃まりあ

トップ娘役として初めての大劇場公演。

可憐で、歌もダンスも芝居も一通りできる、優秀な娘役さんだと思います。


ただ、トップに就任したばかりだからというのもあると思いますが、なんだかパンチが足りないというか。「わたしがトップ娘役よ!ヒロインよ!」っていうオーラが足りない。


貫禄っていうのはこれから身についてくるものだと思うので、今からグチグチと文句を言うつもりはさらさらありませんが、「Ernest in Love」の時には見えなかった部分というのが色々わかった公演でした。

 

ショーで出演者がたくさん立っている中にいると、埋もれてしまう。まだ「あ、豪華な衣装着てるからこの子がトップなのね」っていう感じ。
でもほんとこういうのって時間とともにできてくるものですよね。

 

みりかの

みりかのコンビについてですが、この二人はコンビとして何をウリにしたいんだろうかと最近思います。


これといった欠点がない分、強力な武器もないというか。ビジュアル?←


まぁみりは花組時代からの絆に、お互いなんでもそつなくできる上にそれぞれがダンスと歌が強いというバランス。みちふうは歌うまコンビ。…という感じで、これからコンビでやっていくにあたっての武器っていうのが見えるんですが……みりかのって?


あとコンビって、技術的な武器がなくても、こっちが恥ずかしくなるくらい仲良くしてたり、他の誰も寄せ付けないくらいの強い絆を見せつけていたらファンは応援したくなると思うんです。

みりかのは今のところ、ビジネスパートナー感が抜けない(笑)

いや、ところどころ花乃ちゃんがデレてるのも見るから仲良しなんだと思うけど。

お茶会ではラブラブエピソード言ってる話も聞くけど、レポ禁なら伝わんないしー!

明日海さんがツンデレなのか…?表立って二人でいちゃいちゃしないよなあ…あんまり…

表立っていちゃいちゃしてくれー!!体がむず痒くなるくらいのいちゃいちゃを見せてくれー!!!

 

もうわたしせっかちなんで、「これからだよ!」って思っていてもうずうずしていい子に待てないんです(笑)

早いところ、「みりかの最高!」って思える日が来てほしいです…(笑)

 

 

ほかの出演者についても書きたいことは山ほどあるのですが、ひとまずこれであげておきます。

思いの丈を綴ったら、思った以上に長くなって疲れました(爆)

また思い立ったら書きます(最後じゃないんかい!)

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村