読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はこうして沼に溺れる。

足掛け10年玉森担やってたジャニヲタが、100周年イヤーに突然宝塚の沼に落っこちてしまってつくったブログ。

雪組LVの販売状況を見てLVについて考える

 

明後日に控える雪組中日公演

「星逢一夜/Greatest HITS!」の

千秋楽ライブ中継のチケット販売状況が

公式Webサイトに出ました。

 

 

いや、余ってますね!?

これほどだとは。

 

売り切れているのは

大阪、札幌、東京の一部のみ。

あとは△か○です。

 

 

そもそも、ライブビューイングの

ターゲット層って何なんでしょう。

 

タカラヅカのファンで、

 千秋楽も生で観たかったけど

 チケットが取れなかったり

 遠くて行けない人

 

②特別タカラヅカのファンって

 わけじゃないし劇場に行くほど

 でもないけど、LVするなら

 見てみようかなって人

 

「どっちもでしょ」って言われたら

そうなんですけど、主にどっちかって

言われたら。

 

大劇場公演の東宝千秋楽のLVは、

いつもチケット売り切れ多数です。

なのに中日劇場のチケットは

余りまくっています。

 

これは、LVを今まで見てきた層が①で、

そういう人たちは「千秋楽」ということに

大きな意味を持っていて、なぜならば

千秋楽には「退団者の挨拶」があるから。

退団者のラストステージだから。

 

②だったら特に大劇場公演とか、

千秋楽かどうかすらあまり興味ないと思うし。

 

確かに中日公演では彩波けいとさん

退団されますが、もちろん大階段は降りないし

挨拶もしません。

もしかしたら少し話すこともあるかも

しれませんが、そのくらいでしょう。

 

もちろん、退団者挨拶がないことばかりが

今回のチケット余りまくりの原因では

ないと思います。

 

「星逢一夜/Greatest HITS!」はどちらも

ちぎみゆ主演でやったものの再演です。

そりゃキャストや演出の変更はありますが、

だいもん含めた真ん中の3人は変わらないので

「ま、見なくていっか、どっちも見たし」

っていう人が一定数いるのは確実です。

現にわたしがそうです。

 

 

小川理事長はライビュについて、

「大劇場以外の公演もタイミングを見て

 やってみようと思う」

と言っています。

 

その第1弾がこの雪組中日公演だった

わけですが、このチケット販売状況を見て

理事長はどう感じるでしょうか。

 

ちぎみゆという人気トップコンビの

プレサヨナラ公演でもこうなのです。

次に劇団がどういう動きをするか、注目です。

 

※2月26日追記※

今日のLVは千秋楽ではなかったですね。

失礼いたしました。

しかし、千秋楽でないのならそりゃ

尚更売れないわけです…

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

月城かなとさんの印象

 

昨日から月城かなとさんが月組生になりました。

 

今日ふと宝塚音楽学校のWebサイトを見ていたら、

卒業生からのメッセージのページの月城さんも

すでに月組になっていて、早いなあと思いました。

 

 

月城さんは、技術が秀でているスターというより

何でも満遍なくできて、美貌で魅せるタイプのスターで、

明日海さんと近いところがあるなと思います。

 

でも成績は割と低いというか、

組替えしても同期の中で真ん中より少し下ですね。

特にできないことがない分、すべてをこれから

伸ばしていかないといけないのかなと。

 

あと、わたしの中の月城さんのイメージは

「美しいのに舞台で見つけられないスター」

でした。

 

ショーとかで、なかなか月城さんを

見つけられないんです。

ギラギラが足りないというか。

自家発電力が足りないというか(笑)。

 

だから、

「まあありえないけど花組に来て

 ショーでのアピールとかを学べば

 もっといいスターになれるのに」

なんて思っていました。

 

そこで、月組への組替えのお知らせ。

 

雪組にいても三番手になるのすら

時間がかかりそうでしたし(上が詰まってて)、

殻を破って押し出しの強さを身に着けるには

組替えが一番!と思っていたので

わたしは「なるほどいいね!」と思いました。

 

今後は美弥さまに次ぐ三番手としての

活躍が期待される月城さん。

 

ありちゃんと明確に差をつけるのかどうかも

注目して見てみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

今更星組の話…

 

今更ですけど、星組の次回大劇場公演の

ラインナップが発表されましたね…

 

なんだか「キタコレ!(゚∀゚)」と盛り上がる

感じでもなく、無難に決めてきた感じ?

 

原田先生は大劇場公演のお芝居になると

とたんに評判が落ちることで有名()だし、

酒井先生のショーはわたし見たことないので

何もコメントできません(;^ω^)

 

あ、「Passion 愛の旅」のパレードだけ

見たことありますが、あれの蘭寿さんの

色気がダダ漏れですごく好きです←

 

ただ今回の「Bouquet de TAKARAZUKA」は

なんか、「まだ構想練ってません」感が

あふれるあらすじ説明ですね…

「カルーセル輪舞曲」も想起させますが…

 

ここまで待たないとことちゃんもあーちゃんも

大きい羽根背負えないんですよね。

ファンの方にとってはずいぶん焦らされていて、

ご本人も早く背負いたいと思っているかも

しれません。

 

 

正直に申し上げますと、

みちふう退団後の星組にはあまり興味がわかず、

紅さんの顔芸があまり好みではないのです。

あと、トップになって以降、紅さんが

予想以上にあーちゃん溺愛ムードを全面に

押し出しているので、逆に不安になるというか(笑)

 

あーちゃんはそれに対して

あまりデレデレせず、割と大人に対応しているので

最近ちょっとあーちゃんの好感度が上がりました(笑)

 

1回だけですがスカピンを観る予定があるので

そこで星組に興味がわいたらいいなと思います。

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

トップコンビの退団公演×初舞台公演

 

叶う確率があまり高くないということは

わかっている上で、わたしの夢を語ります。

 

あくまでわたし個人の夢を言葉に

するだけですから、誰かに押し付けたり

するような意図はありませんので悪しからず。

 

 

 

わたしは、初舞台公演で

みりゆきが退団してくれることが夢です。

 

なぜなら、トップコンビの退団と初舞台が

重なると、舞台や客席からは

夢と幸せと希望と、さみしさが入り混じった

とっても充実した空気が漂うからです。

トップコンビ退団となると組子の雰囲気もまた

違って見えますし、組全体がキラキラして見えます。

そして過去の例を見ると、なぜかその年は

初舞台ロケットの出来がすこぶるよいからです。

 

一番最近の例だと、

2012年「華やかなりし日々/クライマックス」

が、大空祐飛さん野々すみ花さんの退団と、

98期生の初舞台が重なっています。

 

他には、2009年の「Amour それは・・・」や

2006年の「NEVER SAY GOODBYE」が

該当しますね。

 

 

そして、今年!5年ぶりに

トップコンビ退団×初舞台公演が実現します!

ちぎみゆ退団公演「幕末太陽傳/Dramatic "S"」は

103期生の初舞台公演です!

 

もう、正直心底うらやましい。

素敵な公演になる予感しかない。

 

ぜひ明日海さんのその時にも…と思いますが

花組は12年間初舞台公演から遠ざかっているという…

わざと避けてるのか!?ってくらい(笑)

 

102期 星

101期 月

100期 月

99期 雪

98期 宙

と、この5年でほかの4組回っているのに!

なんで花組には回ってこないのでしょう!?

 

トップコンビの退団と初舞台公演が重なると

チケット難になるのは必至ですけども、

でもあんな色々な気持ちに満ち溢れた劇場で

退団公演をしてくれたら、

すごく幸せだなあと思うのです…

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

柚香光さんにバカ息子をやってほしい件

 

花組は全国ツアー組もMY HERO組も

お稽古が始まったようですね。

 

ゆきちゃんは、相手役さんとして初めて

明日海さんにチョコレートを

あげたんでしょうか(*'ω'*)♡

 

 

わたしは一応全国ツアーを見る

予定がありますが…

(お断りがなければ(;^ω^))

 

EXCITER!!がなんといっても楽しみです。

この間は先輩と

「Mr.YUのバカ息子、れいちゃんかなあ」

って話をしていました(笑)

 

まあそもそも明日海さん用にMr.YUのような

場面があるかがわからないのですが、

あったとして、バカ息子がれいちゃんだったら

とっても似合うと思います!

 

明日海さん

「くそしゃちょう(`^´)ばかむすこのレイ(`^´)」

もうこれだけでかわいい。

 

バカ息子のレイ

「ぱぁぱぁ――――――!(^∀^)ノ」

 

あるいは

 

バカ息子のレイ

「失礼、社長( ̄ー ̄)✨」

 

 

 

 

 

 

似合う。絶対。

特に「失礼、社長」とか悲鳴あがるよ。

 

この上演が決まる前から、というか

組替えしてきたばかりの明日海さんが

やってみたいショーの話で

 

明「あれやってみたいです、あの

  ゆうさんが会社に行くやつ!」

あきら・ぴーちゃん「「Mr.YU!!!」」

 

って言ってたし、

組本のトップコンビ・組長・副組長鼎談でも

花乃ちゃんがエキサイターの話をしていたし、

生徒さんの間でもEXCITER!!ってすごく

人気のショーなんだなって。

だから再演を聞いて嬉しいのって

ファンだけじゃないと思います。

 

CAFE BREAKでもあきらとれいちゃんが

「もう一度出たかった」というようなことを

言っていましたしね。

 

・・・キキちゃんいないし、

二番手羽根はいなくて階段降りの順番だけ

れいちゃん二番手みたいな形かな?

それとも「Amour それは・・・」の

まさこさんのようにあきらさんが間に

入るのかな?

 

それともれいちゃん繰り上げで

二番手羽根背負っちゃうのか…( ゚Д゚)?

 

あと1ヶ月以上もありますが

今からわくわくが止まりません~!

それまでにEXCITER!!見て

予習しておきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

麗しのみりゆき先行画像

 

ちょっと奥さん!!!

邪馬台国の風」の先行画像見ました????

 

 

 

f:id:jezzmd:20170213161950p:plain

 

美しすぎるでしょう!!!!!!

 

 

ひぃい~予想の斜め上!!

演目が発表された時からビジュアルをどうするのか

(服装とか髪型とか)騒がれてはいましたが、

さすが宝塚、美しく解決しましたね。

 

まあそもそも邪馬台国自体どこにあったか

未だに論争があるくらいだから

自由な発想でつくっていただいても

いいとは思いますけどね。

 

主な配役も発表されましたね。

それを見たわたしの感想は

 

「明日海さん”クコチヒコ”って

 噛まずに言えるかな・・・(´ー`)」

 

です!!!←

 

ふたを開けたら駄作でした~~

なんて可能性もありますが、ひとまず

ビジュアルは最高なのでよかったです。

 

明日海さんもですけど、

ゆきちゃん綺麗だわ・・・

卑弥呼って感じだわ・・・

 

まだかまだかとそわそわしながら

待っていたのでよかった!

早いところポスターも出して!!(わがまま)

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

金色の砂漠のラストシーンの見方

 

「金色の砂漠」のラストシーン、

わたしは必ずオペラグラスを外して

見るようにしていました。

 

「ここがどこだかわからない」

というタルハーミネのセリフにもあるように、

 

方角もわからない、果てしなく続く

広大な砂漠の上で、すぐ埋もれてしまうくらい

ちっぽけな男女が二人、死んだという事実を

目で受け取りたかったからです。

より「あっけなく」感じるために。

 

そのために、セリにも背景にも

砂漠が果てしなく描かれているのでしょうし。

 

これまでの物語を思えば、

ギィとタルハーミネの死は様々な感情が渦巻く

壮絶なアラベスクのはずなのに、

この広大な砂漠の前には

ただの「2人の人間の死」という

ちっぽけな事実だったんだなって。

 

また、最期の倒れる体勢も絶妙ですよね。

女が先に息絶え、男がその上に仰向けに

倒れて息絶える。

あっけなさ、そして「死んだ」という事実を

視覚から訴えているのがわかります。

 

初めて「金色の砂漠」を観た時、

「王家に捧ぐ歌」を思い出したんです。

 

あれも、最期二人で折り重なるように

亡くなり、フィナーレに天国にいるかのような

二人の幸せそうなデュエットダンスがあります。

(あ、星組の初演は未見なのでわかりませんが)

 

王家のラストシーンも、女が先に

眠るように息絶え、そして男が

その上に静かに倒れて息絶える…

あのまあ様の倒れ方も絶妙。

 

トップコンビがそろって亡くなる作品は

他にもありますが、この2つの作品の

ラストシーンは特に好きです。

「亡くなるなんて悲しい」だけの話ではなく

他にも様々な余韻を残してくれるのが。

 

まあ、今はとりわけ「金色の砂漠」に

思いを馳せているわけですが、

物語も色々なことを考えられるし、

明日海さんのファンとしても

明日海さんが初演の、明日海さんの

代表作になる作品に出会えてよかったなって

思います。

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村